ブラックリストとは

意外と知らないブラックリストの意味

借金をしたことがある人もそうでない人も、ブラックリストと言う言葉は聞いたことがあるでしょう。
これに載ると、借金など借り入れの要注意人物とみなされ、二度と借り入れが行えなくなると思っている人が多いのではないでしょうか。
ところが実際は、そういう意味のものではないのです。
正確な定義とは、「借り入れ関係の事故情報として登録されている状態」の事です。
実際に、人物名簿のようなリストが存在しているわけではありません。
事故情報が登録されてしまうと、新たな借り入れは行えません。
クレジットカードを新たに作ることも、ローンを組むことさえもできなくなります。
ではブラックリストに載る事故情報とは、どのようなものがあるのでしょうか。
代表的なのは返済の遅延です。
返済日の遅れや、遅れた回数によって返済能力が低いとみなされ、事故情報とされてしまいます。
また、返済ができずに連帯保証人に返済してもらった場合や、債務超過によって自己破産した場合も、情報が登録されます。
ただ、一生登録され続けるわけではありません。
借り入れを行った金融機関にもよりますが、一般的には5年〜10年情報が残るとされています。
自己破産の場合は少し長く、10年程度残ります。
それ以降は、収入や経済状況などを審査されますが、新たにカードを作ったりローンも組めたりできるようになります。
このように、ブラックリストには意外と知らないことが多いのです。
以上の事を正しく理解した上でお金を借りてください。

関連ページ

一体キャッシングとは
一体キャッシングとは
与信管理とは
与信管理とは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
任意整理とは
任意整理とは
多目的ローンとは
多目的ローンとは
法定利率とは
法定利率とは