法定利率とは

法定利率を理解して安全な取り引きをしましょう

お金の貸し借りをする際、貸す側と借りる側で予め利息や遅延損害金を取り決めてから契約をするのが普通です。
しかし、こういった取り決めを行わず契約してしまうと、利息に関して「言った言わない」の押し問答になり、それがトラブルに繋がるケースがないとは言えません。
そこで、利息に関する借り入れトラブルを防ぐために、当事者同士が利息の取決めを行わないまま貸付契約した場合に適用させる法的な利率を設けました。
これが法定利率です。
法定利率の内容は、個人と個人が結んだ貸付契約では民法の年利5%が適用、個人と商人が結んだ貸付契約では商法の年利6%が適用されるということになっています。
本来、利息制限法により元金に対する利息の上限利率は決まっています。
利息制限法は民法でも商法でも関係なく適用されますので、個人同士のお金の貸し借りでも利息を付けて貸すことは問題ではありませんが利息制限法の金利に従うことになるでしょう。
ただ、友人同士で金銭の貸し借りをした場合、多くのケースで金利を設定して貸すというようなことはありませんよね。
無利息で貸すと契約しているのなら契約内容に従いますが、特に取決めがないまま貸したのなら法定利率に従った年利5%で利息を返してもらうことが法的に認められているということです。
また、この利率は通常の貸付に対する利率以外にも、返済が遅れてしまったことに対する遅延損害金の利息、過払い金の返還による請求につける利息にも適用されます。

関連ページ

一体キャッシングとは
一体キャッシングとは
与信管理とは
与信管理とは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
任意整理とは
任意整理とは
多目的ローンとは
多目的ローンとは
ブラックリストとは
ブラックリストとは