任意ゾーンとは

任意ゾーンとはグレーゾーンのこと

お金を貸与する場合、利息を支払うと決めたなら、法律の範囲内で支払う利息を決めなければなりません。 日本では、利息をきめる場合、利息制限法と出資法という法律で、上限金利が制限されています。
かつて、利息制限法に定められた金利の上限以上で、出資法に定められた金利の上限以下に当てはまるゾーンのことを、任意ゾーンと呼んでいました。 グレーゾーンという名前もありました。 利息制限法では、元金に応じて年率が決まっています。
それなのに、出資法の上限金利ギリギリまで利息を取る貸金業者が後を絶たなかったのです。 貸金業者の言い分は、みなし弁済にあたるから適法だというものです。 みなし弁済とは、法律に書かれている5つの要件を満たすことで、利息制限法の上限を超えた利息でも、適法であるとみなされるというものです。
このグレーゾーンは、民事上は違法であるけれど、刑事上では罰せられないというゾーンになります。 それに、法律が変更される前に、貸金業者に配慮するかたちで、みなし弁済という法律までできました。 これでは、任意ゾーンの支払った消費者は、泣き寝入りするしかなくなります。
ですが、裁判では、みなし弁済で抗弁した貸金業者が敗訴しているのです。 最近は、ATMなどでお金を引き出して借りるのが一般的なのではないでしょうか。
その場合、みなし弁済で規定されている要件を満たしていることを、貸金業者が立証することが難しいのです。 ですから、貸金業者が、任意ゾーンだみなし弁済だと言っても怖じ気づくことはありません。

関連ページ

一体キャッシングとは
一体キャッシングとは
与信管理とは
与信管理とは
任意整理とは
任意整理とは
多目的ローンとは
多目的ローンとは
法定利率とは
法定利率とは
ブラックリストとは
ブラックリストとは