多目的ローンとは

使途限定がない多目的ローン

多目的ローンは借りたお金の使途限定がない、多目的に使えるローンです。 そのため同じ意味でフリーローンと呼ばれることもあります。 フリーローンには、カードローンという商品もありますが、多目的ローンとカードローンは借り入れ方法に違いがあります。
カードローンは借り入れ限度額内で何度でも借り入れをしていくことが可能です。 例えば限度額30万円なら、そこから10万円を借りたら残りは20万円まで借りることができます。
しかし10万円を返済すると、残りの限度額は30万円まで回復するので、返済をきちんと行う限りは限度額の範囲で何度でも借り入れを繰り貸すことができる商品なのです。 しかし多目的ローンは、繰り返し借り入れをするということはできません。
融資額が30万円なら、30万円のみが借入制限です。 返済をしても限度額は増えませんので、それ以上に融資を受けたいと思うのなら再度申し込みをして審査を受ける必要があります。
また無担保ローン、有担保ローンとかがあり、有担保ローンは担保を入れて融資を受けるため無担保で契約するよりは大きなお金を借りることができますが、無担保ローンは担保が必要ないので申し込みの手間がなく借りやすいのが特徴です。 そのため用途に応じて使い分けを考える必要があります。
例えば不動産購入なら有担保ローン、旅行資金、結婚資金、引っ越し資金なら無担保ローンというように申し込みをしましょう。 ちなみに使途限定はないとされていますが、生活資金、事業資金、借換資金など使用できない目的もあるので注意してください。

関連ページ

一体キャッシングとは
一体キャッシングとは
与信管理とは
与信管理とは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
任意整理とは
任意整理とは
法定利率とは
法定利率とは
ブラックリストとは
ブラックリストとは