与信管理とは

与信管理を行う目的とは

金融会社がキャッシングやローンの審査を行う場合に重要視することとは、信用情報を調査しきちんとした返済が行われているかであり正常に行われていない場合には審査に通らなくなります。 金融会社側がお客様に対して信用があるかどうかを管理し、信用情報機関に紹介して与信の状況を調べて管理することを与信管理といいます。
与信管理を行うことで、きちんとした返済ができるかどうかを判断し返済してもらえなかった時の損害の金額を避けることができます。 キャッシングとは金融会社側がお客様に対してお金を貸す行為であり、お金を貸している期間中には貸した金額分の損害を受けていることになります。
あらかじめ与信管理を行って審査を行うことで、お客様にどのような理由があれ返済をしてもらえないなどのリスクを避ける事ができ信頼感を高めることができます。 キャッシングを行う場合には、信用情報機関に照会を行いますが信用情報機関にあるデータには他社からの借入金の状況や月々の支払い状況などを明確に記載しているために、お客様が申し込むときに審査に有利なことを期待して虚偽の情報を記入するとこの時点で判明します。
金融会社側がお客様に借り入れの金額を記入してもらう目的とは、お客様自身の状況を正確に把握しているかどうかを判断することでありこの時点で判断していないという事実が明白になると信用にも影響します。 このような方法で金融会社側がお客様に求めることとは、正しい状況を把握しているかであり信頼性があるかどうかです。

関連ページ

一体キャッシングとは
一体キャッシングとは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
任意整理とは
任意整理とは
多目的ローンとは
多目的ローンとは
法定利率とは
法定利率とは
ブラックリストとは
ブラックリストとは